FSCの口コミ・評判まとめ

FSCは海外引越に強い業者です。単身赴任でも家族連れでもそれに海外留学でもお任せです。気になる料金や輸送方法、通関手続きも専門の担当者が丁寧に応対してくれます。

大事な見積もりから予算に合わせたプラン設定、海外へ荷物を送ることへの不安や疑問にもベテランスタッフが心を込めて相談に応じてくれますから安心です。

FSCとはどんな会社なの?

FSCとはどんな会社なの?
FSCは2006年9月設立の資本金1千万円の若い会社で、埼玉県さいたま市にある株式会社です。取扱事業部の事業内容として①一般貨物自動車運送事業②貨物自動車利用運送事業③引越業務全般請負事業④倉庫及び倉庫内作業全般⑤物流コンサルティング事業があります。

FSCでは海外引越のトラブルを未然に防ぎ、料金トラブルや追加料金、サービス内容、輸送に関わるトラブルが発生しないように、事前に内容確認や説明を徹底しています。FSCにはリース事業部があり単身者向け備品のリースも展開しています。

テレビや洗濯機などの生活に必要な電化製品をマンション、アパートから宿舎まで短期・長期に関わらず出張の方にも提供します。その取扱商品は、空調機器、家電全般、OA機器、イベント用品、仮設ハウス、仮設トイレ、などです。

意外なことにFSCでは米穀事業部もあり米穀全般(精米・玄米の販売)や販促品として420グラム(3合)からの注文も受け付けています。また、業務用としての冷凍食品の取扱や販売も行っています。

FSCの引越はどんなサービスがあるの?

FSCの引越はどんなサービスがあるの?
FSCの引越は仕事が忙しくて手が離せない、あるいは小さい子どもがいて思うように荷造りができない人のために、小物梱包から書類作成など海外に引越すために必要な手続きを代わりにやってくれます。また、海外引越にともない発生する国内配送、不用品の引取り、倉庫管理などトータルに面倒を見てくれます。

FSCの基本サービスとしては次のようなものがあります。テープ・ダンボール・梱包資材の他、オプションとしての縦型収納ボックスを除いた横型収納ボックス、ふとん用の大型ダンボール資材もサービスになっています。建物内養生・部屋養生は細心の注意を払って行います。

引越し先の家具の配置に至っては、転居国にいるスタッフが設置することになっています。

FSCのオプションサービスとしては①引越保険(家財道具を守る海上保険)の完備②エアコンの着脱(別途料金)③ピアノの運送(エレクトーンからアップライトピアノ、グランドピアノ)

④マイカー輸送(各国の車両規制内)⑤荷物の一時保管(セキュリティー倉庫完備、30日から5年以上の長期保管対応)⑥ハウスクリーニングなどです。

FSCのそれ以外の業務内容

FSCのそれ以外の業務内容
FSCの建設事業部は、①内装工事全般②外装工事全般③防水工事全般④設備工事全般⑤屋根工事全般⑥じそコウジ全般⑦仮設足場、補強足場の施工⑧住宅総合リフォーム⑨店舗のプロデュースなどの事業内容があります。

さらにFSCのSP事業部はオフィスのコンシェルジュをモットーに多岐にわたる商品の提供をしています。ノベルティグッズや報商品の企画立案、デザイン、販売も手掛け食品全般の販売も行っています。

もっとスゴイのはオフィス用品全般・日用品全般・防災用品全般・介護用品全般・インテリア、家具全般の販売まで手掛けていることです。リ-ス事業部ではイベントにおいては、①会場設営(展示会、セミナー、フェスティバル、販促イベント)②各種式典(地鎮祭、テープカット、入学式、卒業式)③サイン・看板製作を行います。

レンタルや販売、倉庫業及び倉庫内作業全般からイベントなど広く展開しています。こうした他業務の豊富さが引越業務の土台にもなっています。

FSCのまとめ

FSCのまとめ
FSCは海外の引越に力を入れていることから、他業者と比較しても最初から持っているノウハウが全然違いますから、断然安心感があり悩む必要がありません。

様々なケースに合わせて無事転居国への引越をサポートして行きます。そのためにあらゆる方面から問題を解決し万全を期しているので、ぜひ一度FSCで見積もりを取ってみることをおすすめします。

引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
第1位:引越し価格ガイド
第2位:引越し侍
引越し侍 詳細はコチラ
第3位:LIFULL 引越し
LIFULL 引越し 詳細はコチラ