引越しの時に重い物を吊り上げて運び入れる場合

引越をする時、ピアノのような重い荷物は必ず吊り上げて家の中に入れるというイメージがありますが、ピアノであっても人が持ちあげて運び、家の中に入れることもあります。重いから吊り上げるのではなく、吊り上げないと入れられないからそうしているのです。

たとえば、階段の横幅があまりないので持って上がっていくことが出来ず、ベランダ側から入れるためであったり、あるいは玄関から入れるのが不可能という場合です。

では、引越でどうしても吊り上げないと入れられない場合はどうするのかというと、まず、中に入れるものにクッションになるものを巻きます。これは持ち上げる際に壁にぶつかって傷がついたりするのを防ぐためです。

そして丈夫な紐を巻きつけて引っ張り上げます。この際、機械を使って上げるのではなく、二階のベランダなどにいる人が、人力で引っ張り上げます。ただ、建物の構造的な理由で下から上に引っ張り上げるのは難しいという場合は、引越会社がクレーン車を持ってきて吊り上げます。

基本的に、人が玄関から普通に搬入出来るという場合を除き、一階から二階に引っ張り上げるような作業は別料金がかかります。なので、玄関から入れられないものがある場合は、見積もりを取ってもらった方がいいでしょう。

引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
第1位:引越し価格ガイド
第2位:引越し侍
引越し侍 詳細はコチラ
第3位:LIFULL 引越し
LIFULL 引越し 詳細はコチラ