引越し時の賃貸住宅解約手続きについて

賃貸住宅から引越をする際には、今まで住んでいた住居の解約手続きが必要となります。通常、賃貸住宅の契約は2年単位での契約になっている場合が多いです。契約満了時期での手続きを希望する場合は、多くは満了の1~3ヶ月程度前までに契約更新の意思確認の書面が届くため、その際に解約届を返送して手続きを行います。


契約期間での途中で手続きを希望する場合は、自分から不動産管理会社やオーナーに連絡をすることになります。希望日の1~2ヶ月程度前までに手続きが必要な場合が多いです。


月の途中での退去になる場合、賃料を日割りにしてくれる場合と、そうでない場合があります。こちらは契約内容によって異なるため、その都度確認が必要になります。引越で今まで住んでいた住居を解約する場合、原状回復費用の負担が必要になる場合があります。


敷金が戻ってくる場合でも、そこから原状回復費用が差し引かれることになるため、引越費用は余裕を持って準備をしておくのがおすすめです。また、引越に伴い、住居以外に、電気、水道、ガス、インターネット回線など、様々な契約関連の手続きが必要になります。


すべての手続きを行うのは想像以上に手間がかかる場合が多いので、引越のスケジュールは事前にしっかりと立てておきましょう。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ