引越しに伴うガスと水道と電気の手続き

引越が決まったら、引越前と引越後にガス、水道、電気の手続きが必要です。ガスに関しては、転居の一週間程度前にガス会社へ連絡し、転居の日にちを知らせましょう。すると転居の当日に担当者が訪問し、メーターを確認してガスを止めてくれます。


メーターが室内にある場合は立ち合いが必要になります。転居後にもガス会社の担当の訪問が必要で、このときに立会いのもと元栓を開けてもらいます。


水道に関しては水道事業者への連絡が必要です。同様に転居の日程を知らせて、中止の手続きをとってください。転居の当日に担当者が訪問し、料金の精算をします。


引越後は水道の元栓を開けるとすぐに使えるようになりますが、利用開始の申込書の郵送を忘れずに行ってください。電気にも移転手続きが必要です。


電気事業者に連絡をし、住所や契約者名、引越の日時や引越先などを伝えましょう。お客様番号などを伝える必要もあるので、連絡する前に領収証などで確認しておきましょう。移転後はブレーカーのスイッチをオンにするとすぐに使うことができます。


使用申込書に必要事項を記入し郵送する手続きを忘れずに行いましょう。地域によっては事業者への連絡をインターネットで受け付けている地域もあります。


電話をする時間がないという方は、住んでいる地域の事業者のホームページで確認してみてください。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ