引越しの際ワイングラスはどのように運べば良いの?

引越が決まると荷造りが始まるのですが、中でも神経を使うのが、ワイングラスの取り扱いです。大変に高価なものもありますから、割れたりしたら大変な損失です。

では実際に引越の際、ワイングラスをどのように扱えば良いのでしょうか?まずは一番割れやすい柄の部分を、しっかりと保護することです。新聞紙を適当にカットして、柄の回りにぴったり巻き付け、セロテープでしっかりと止めます。さらに新たな新聞紙でワイングラスの底から飲み口までをしっかりと巻きます。

あまりゆるいと割れる可能性が高いので、ある程度きつく巻きます。さらにそれを箱に入れるのですが、ワイングラスを入れる箱には、それ以外の食器は入れない方がベストです。

箱も引越会社からもらえる場合がありますが、できるだけ大きすぎない方が良いでしょう。欲をいえば、購入時に入っていた箱があればベストです。箱にグラスを入れたら、すき間を新聞紙を丸めたものや梱包剤で埋め、固定するようにします。

そして引越当日には、割れ物であることをしっかり伝え、落下や衝撃の心配がない位置に置いてもらうようにします。引越で大切なものが破損してしまうのは、とても悲しいものです。ですから丁寧に取扱えば、大切なワイングラスも破損することなく、スムーズな引越が可能です。

引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
第1位:引越し価格ガイド
第2位:引越し侍
引越し侍 詳細はコチラ
第3位:LIFULL 引越し
LIFULL 引越し 詳細はコチラ