引越しの際に気を遣う割れ物の賢い包み方

引越しと言うと、家中のありとあらゆる物を移動させるわけで、とても大変な作業なわけですが、その中で割れ物を荷造りしたり運ぶ時と言うのは、とても神経を使います。しかし、しっかりとした処理を施しておかないと、割れてしまったりして後で面倒なことになります。


包み方や入れ方を工夫するとこういった被害を防ぐことができますので、色々と覚えておくと安全で効率の良い引越し作業ができるものです。割れ物を包む時にあると便利な道具は緩衝材で、よくあるのがエアパッキンです。その他に注目なのが、どこの家にもあるであろう、日常的なアイテムです。


その一つが新聞紙で、これでお皿を1枚1枚守っていくと言う包み方があります。また、意外と思いつかないのがサランラップの便利さです。


お皿を何枚か重ねた状態でグルグルと巻くと、ピタッと固定されますので、結構使えます。液体が入った瓶などを包む時にも向いている優れものです。また、緩衝材代わりとなるアイテムが家の中には色々とありますので、引越しの際は意識しておくと上手く立ち回ることができます。


例えば、ブランケット、毛布、まくら、タオルなどがそういったアイテムで、物を包む時にも使えるだけでなく、破損の原因となる、箱の中の中途半端な隙間を埋めるのにも使えるのでとても便利です。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ