引越しをした時の印鑑証明の住所変更について

印鑑登録というのは、自分だけの印鑑を登録することです。そして印鑑証明証というのは、書類に押された印鑑が、間違いなく押した人のものであるという証明を市役所(町村役場)がしてくれるものです。


したがって、自動車の売買や不動産取引や公正証書の作成などの場合、印鑑証明証の作成が必要となります。この印鑑証明証を発行してもらうには印鑑登録が必要となります。それ以外煮に成人したとき、引越しをしたときに登録する人もいます。


15歳以上の人は印鑑登録ができ、外国人も外国人登録をしていれば登録ができます。転勤や引越しで住所が変更になった場合、印鑑証明の登録した住所を変更する必要がある場合とそうでない場合があります。


変更を必要としない場合は、住所が同一市内(または同一町内とか同一村内)間で変更になった場合です。この場合は住所移動届けを出した場合に、印鑑登録の住所も変更になります。引越しをして、印鑑証明のときに登録した住所が、今までに住んでいた住所と別の市(町や村)となった場合は、改めて印鑑登録を行うことが必要です。


新しい住所に引越しをして、その市に転出届を出しますと、旧住所の印鑑登録も廃止となりますが、安全のためには、廃止届けを提出し、印鑑登録証(カード)の返却をしておいたほうがいいでしょう。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ