引越し作業で重要な鍋の詰め方

引越の荷物運びで慎重にするべきなのは、鍋などの食器類の詰め方です。無造作に箱に入れてしまえば、傷がついたり割れてしまうことがあります。


食器類は自分で箱詰めするのが一般的ですから、上手に行うことが欠かせません。業者には重たい荷物を中心に運んでもらいますが、身近な食器類は自分で責任を持って箱詰めする必要があります。土鍋の詰め方で大切なのは、蓋と本体を新聞紙などで包んでから箱詰めすることです。


陶器や磁器を剥きだしの状態で重ねてしまえば、わずかな衝撃でも割れてしまいます。箱の底には、新聞紙を丸めたものをクッションとして置いて、その上から紙で包んでおいた土鍋を入れていけば引越作業中に割れる心配がなくなります。


金属の鍋は割れる心配はほとんどありませんが、へこむ場合はあります。特にアルミの素材は衝撃に弱いため、クッションを入れて箱詰めする必要があります。1つずつ梱包すると箱の数が多くなるため、緩衝材を入れながら重ねて詰めていきます。


土鍋よりは丈夫ですから、分厚いクッションを使う必要はありません。ヤカンやフライパンなども新聞紙などで包んで梱包すれば、引越中に壊れることがありません。


引越し先でも長く使うために、丁寧に梱包するだけの手際の良さが求められます。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ