引越しの際に行うlpガスの手続きについて

引越することが決まったら、引越業者を決めたり荷造りしたりと忙しくなります。さらに並行して手続き関係も一つずつ済ませていかなくてはなりません。


郵便物を転送してもらう手配をしたり、電気、水道、ガス等の手続きもあります。lpガスを使用している賃貸マンションにお住まいの方は、ガス会社に連絡して停止の依頼をしましょう。電気や水道は電話で連絡するだけで構いませんが、lpガスの場合は入居者とガス会社が立ち合いで閉栓を行います。


閉栓した時に最終のメーターを確認してガス料金を支払うことになります。ガス料金の支払いではその場で現金で払う場合もありますし、後日口座から引き落としになる場合もあります。


引越先の方でlpガスを使用する場合は、開栓の手続きが必要です。引越したその日からガスが使用できるように手続きしておくといいでしょう。アパートやマンション等の賃貸物件の場合は、不動産会社の方からガス会社に連絡するケースが多いでしょう。


ただ、不動産会社の方からはlpガスの利用が始まる入居日だけを知らせているため、開栓の立ち合いに関しては自分で連絡しなければなりません。引越のトラックが確実に到着している時間帯を知らせておきましょう。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ