犬と一緒に引越しする

引越するとき、それは人間だけの問題ではありません。大切な家族の一員であるペット、猫や犬のことも考えなければなりません。近距離の引越であればさほど問題ではありませんが、長距離の場合ペットの移動方法にも気を配らなければいけません。


猫の場合、個体にそれほど大きさの違いがないためケージに入れてしまえば比較的どこにでも一緒に連れていくことができます。しかし、大型犬などはゲージにいれたとしても携帯して移動することは困難になります。


飼い主と一緒に車で移動する場合は、こまめな休憩を入れて水分補給や気温などにも注意し、ストレスをなるべく減らしてあげましょう。列車などでの移動は基本的にできないため、時間がかかるのはやむおえません。しかし、車での移動も無理となると飛行機での移動ということも考えられます。


荷物は引越し業者にお任せすることはできても、生き物の面倒まで見てくれません。飼い主とともに飛行機に乗る場合、ペットは客室には搭乗することはできません。


貨物扱いになるため貨物室に運ばれます。貨物室は客室とは違い、とても快適とは言えません。相当のストレスがたまることは想像に値します。


さらに価格も決して安くはないため、お勧めできる方法ではありません。やむおえず飛行機に乗せる場合は、搭乗後のケアを十分にしてあげましょう。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ