引越しの際に掛かる雑費について

住宅を引越す時は色々な費用が発生します。部屋の中にある大量の荷物を運搬するために引越業者に依頼する場合の料金もありますが、それだけではありませんね。


予定外の雑費が掛かることもあるので、あらかじめ計画を立てて予算の範囲で収まるように引越を済ませましょう。アパートや賃貸マンションを借りる場合は、契約金として敷金や礼金、仲介料、火災保険料等が掛かります。トータルの料金は家賃の金額によって変わってきますが、家賃の5ヶ月分から6ヶ月分は用意しておくといいでしょう。


新しい家で使用するために家具類や家電類を買い替える場合は、一つずつ予算を準備しなければなりません。テレビや冷蔵庫といったの大型家電を購入するなら、それだけで十万円単位の出費となります。


部屋数が増えたり窓の大きさが変わると、カーテンも揃える必要があります。カーテンは引越した当日から使用するので、前もって購入しておくことをお勧めします。忘れてならない物が引越先で配る挨拶の品物です。


賃貸住宅なら両隣と下の階には挨拶した方がいいですね。大家さんが同じ物件や近くに住んでいる場合も挨拶しておきましょう。


挨拶の時に持っていく品物代も雑費に含まれます。一つ500円から700円程度の物で十分です。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ