引越して親と同居することになったら

高齢化社会が進むにつれて、自分か配偶者の親と同居しなければならない状況になることがあります。自分の親であれば気を遣うこともありませんが、配偶者の親と同居する場合はどうしても気を遣ってしまうでしょう。


二世帯住宅を建てて同居する場合は、それぞれの世帯が独立して生活できますね。一階部分と二階部分で完全に分けてしまい玄関もそれぞれの設置すれば、普段通りの生活ができますし、気になった時には様子を見に行くこともできます。しかし、アパートや賃貸マンションで親と同居する場合は間取りが広い住宅に引越しなければなりません。


子供もいるご家庭は三世代が同居する形になります。引越先を決める時は、少なくとも3LDK以上の間取りがある物件を選びましょう。


3つの部屋があれば、ある程度は独立性があってお互いに干渉せずに生活できます。賃貸物件を契約したら入居日以降ならいつでも引越ができます。別々の住まいから引越することになりますが、業者に支払う料金ではシニア世帯の方が安くなる可能性があります。


引越業者の中にはシニア世帯向けに安い料金で設定されたプランを用意している業者もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?荷物が少ないシニア世帯はお得な料金で引越ができます。


引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ