引越し費用を安く済ませるには?

引越し費用が一番安い業者はどこ?引越しで損をしたくない方のために安く引っ越しする方法について暴露しています。


引越し費用を安くしたい! - 目次

引越し後にnhkが来ない状況にする

テレビは身近な情報源で、視聴できる環境は珍しくありませんし、アンテナがあればnhkが来る事は避けられませんから、引越し後に来ない為の対策が必要です。nhkが来る理由としては、テレビを受信出来る環境が備わっている点は一つの条件で、引越し先の物件にアンテナが見つけられれば当然確認に来ますから、賃貸物件であればアンテナが備わる事は珍しくありませんし、nhkを来ない状況にする事は難しくなります。


引越し後も安心して暮らす為には、nhkが行う突然の訪問を避ける事が大切で、契約を済ませてしまう事も選択肢になりますし、テレビが無い事を証明するのも方法として考えられます。テレビに限って受信に対する支払いが定められていますが、状況が変化する事でネットの利用でも費用の負担が求められる可能性はありますから、状況を注視する事が大切ですし、引越しの予定がない場合であっても、再度nhkが訪問する可能性はあります。支払いを求めに来ない事が安心の生活を実現しますから、話し合いで短く解決出来れば簡単ですし、再び訪問に来ない状況を実現出来るので、お互いにとって良い話し合いの結果が出る事が大切です。


拒否する一方だと相手も引く事が出来ませんし、ノルマや目標がありますから、明確な契約を行うまでは再び訪問する可能性が残ります。


引越しのお知らせのために使うポストカード

最近でも手紙によって引越の挨拶をする文化が受け継がれ、ポストカードの種類も豊富になっています。引越のお知らせは電話で直接に伝えることもできますが、手紙であれば素直な気持ちを伝えやすいのが利点です。引越の後には住所や電話番号などが変わります。


そのままにしておけば、親戚や交友関係の人たちとの連絡ができなくなるおそれがあります。そのため、ポストカードを使って新住所などを知らせる必要があります。


図柄などは自分でデザインする場合があれば、業者に頼む場合もあります。手書きでなければ出せない風合いもあります。ポストカードのデザインには季節感を演出して、読む人に楽しんでもらうようにすると効果的です。


春であれば桜の花のデザインが喜ばれ、秋であれば紅葉の絵を使うこともあります。引越を知らせるためのポストカードには、家族の写真を印刷する場合もあります。


小さな子供がいる場合には、親子の写真を印刷して祖父母のもとへ贈る場合もあります。ペットを飼っている家庭であれば、犬や猫の写真を印刷することもあります。引越作業は、ポストカードを届けて一段落します。


家庭によっては相当な数を届ける必要もありますが、年賀状と同じように心をこめて贈るため、返信の手紙をもらったときの喜びも大きいものです。


引越しの追加料金は内容を確認するべきです

引越をした時に追加料金を請求されたという話を聞くことがあります。そして、追加料金と聞くと、あまり良い感じはしませんが、その内容はしっかり確認すべきです。


例えば、引越の見積時に「見積内容に入れていなかった」ものを、引越時に「運んで欲しい」と追加でお願いしたような場合には原則的に追加料金が発生します。よくあるのが、エアコンの取外しと新居への取り付け作業・バイク等の運搬です。もちろん、この場合には依頼者から追加で依頼をしているので、トラブルになることはほとんどありません。


一番困る追加料金は、引越業者が自宅まで見積に来ないケースで、現実には引越業者が予定していた荷物の量よりも、かなり多かった場合です。また、現在の自宅がマンション等の2階で、転居先がエレベーターの無いマンション等の3階である場合に、作業の負担が大きいという理由で追加料金が発生するケース等です。


これらについては、大手や中堅の引越業者は、現地での見積をすることが多く、また、2階・3階への荷物の搬出や搬入で追加が料金することはほとんどありません。従って、追加の料金を請求された場合には、追加作業を依頼した場合のものなのか、それとも業者さんの見積等のミスなのかを確認するべきです。


参考サイト:http://ja.wikipedia.org/wiki/引越し
引越し費用を安く済ますなら無料で一括見積もりがお得です!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ